10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

3.11取材報告:石のスープ

フリーランスのライターやジャーナリストがお届けする有料メールマガジン「石のスープ」。東日本大震災の取材報告を中心に、バラバラのフリーランサー達が集まって一つの媒体と作ると、どんな味に仕上がるでしょうか……

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

渡部真【勝手気ままに】vol.12「東電福島第一原発構内の取材日誌」(4/4) 



石のスープ
増刊号[2012年10月22日号/通巻No.50]

今号の執筆担当:渡部真

「東電福島第一原発構内の取材日誌」
(4/4)




→前ページ「東電福島第一原発構内の取材日誌」(3/4)へ戻る←


■高橋所長の囲み取材

[12:55]
 報道陣の控え室で、高橋毅1F所長(55歳)の囲み取材が始まった。

高橋所長「昨年12月から、前任の吉田の後を引き継いでいる高橋です。今回の事故によって、福島や全国の皆さんに大変なご迷惑をおかけして心より申し訳なく思っております。現在の1Fの状況ですが、本日、皆様にご確認いただいたように、発災直後の状況からはある程度落ち着いた状況になりつつあり、現在は廃炉に向けた作業ということで、4号機の使用済み燃料を取り出すといった作業を試みています。これは、来年の暮れには取り出す事が出来ると思っています。いずれにしても1〜3号機の原子炉の中は重大な状況ですので、これをしっかりと管理する。放射性物資をこれ以上外に出さないということで、やっております。なるべく1日でもはやく、地元の皆様に戻って来てもらえるように、作業員も皆、1日3000人近く入って作業しています。作業員の安全も十分に気をつけたやっていきたいと思っています」

尾崎記者「大熊町からの避難者によると、東電によって故郷を奪われたなどと憤りの声が出ている」

高橋所長「地元に皆様にご迷惑をかけている事はたいへん申し訳ないと思っています。1Fで出来る事は、二度と同じような事故を起こす事がないようしっかりとやっていくしかないと思っています」

尾崎記者「こうした個別ケースを知っているか」

高橋所長「具体的な個別のケースを存じ上げているわけではないが、そうしたケースがあった事は理解している」

桑田記者「4号機の使用済み核燃料プールの安全性について」

高橋所長「建物も損傷も大きく、多くの方に不安を与えていると思われる。一つは、こうした損傷などによって破損した部分が機能しなくても、再び大きな地震が起こったとして建物の健全性は保たれる計算はしている。そうは言っても、1500体もの大量の燃料棒が入っているので、その下の支柱等を強化し、さらに2割増程度の強度を増している。今後も、十分なメンテナンスをしていく。燃料を取り出す事が最大の安全確保なので、来年暮れまでにできるように進めている」

外国人記者「1〜4号機の事故収束作業が遅れているのではないか?海外の人間には信じられない」

高橋所長「安全の確保を最優先に進めている。とくにこれまでは道路の上などに瓦礫が散乱し、放射性物質があったが、こうしたものを排除して外の環境を整備して来た。建屋の中はまだまだ人間が入れない放射線量の場所もある。ロボットなどを使って慎重に進めたい。遅いというご指摘もあるが、安全に配慮して進めていきたい」

西川記者「先日も3号機で鉄骨が落下する事故があったが、今後、安全に作業を進めていけるのか?」

高橋所長「ここで100%安全ですとは言い切れないが、一つの作業をやるにも十分な調査をし、計画やシミュレーションなどを重ねて進めている。3号機の鉄骨落下の事故でご心配をかけて申し訳なかった」

亀松記者「高い線量の作業にも関わらず、作業員の不正が続いている。所長の見解は?」

高橋所長「一概に言えない。単純に忘れているケースもあるが、意識的に隠すケースもある。事故以降、どうしても十分に作業者の管理が出来なかった部分は否定できない。今後はこうしたケースに対応していきたい。作業員には、法律で定められた被爆線量を超えてしまうと働けないという危機感があると思う。基本的には、作業員の被曝を抑えられるように、放射線量を下げる事が大事だと考えている」

TBS記者「アルプスについて。いずれ水を海に排出するという話も出ているが、見通しは?」

高橋所長「見通しは分からない。いまはまだ放射性物質を含んだ水が増えている状況。放射性物質をできるだけ除去することが、まずやっている事」

記者「3号機の作業再開の見通し」

高橋所長「明確にいつとは言えない。本日、使用済み燃料プールの中にカメラを入れて、鉄骨が瓦礫がどうなっているか確認しているところ。政府からは、とりあえず再開の許可はもらった。安全性を確保し、十分に計算をしてから作業を再開したい」

松井記者「一昨日1号の内部の様子が公開された。こうした映像や情報を得て、所長はどう思うか」

高橋所長「1号機については2号に比べると、予想と大きく変わらなかった。水の量はある程度確保できているだろう。たぶん、原子炉から格納容器にも、損傷した燃料が落ちている。それが3メートルほどある格納容器の中で冠水して、冷却もされているという状況なのだろうと推測できる。その点は良かった。水質は、これも2号機に比べて意外とよく見えていた。水かクリアに見えているというのは悪くない結果だと思う」

 13時15分、ここで取材は打ち切られた。僕は「3号機の全体の収束へのスケジュールを改めて確認」と、「高橋所長が免震重要棟で毎日過ごす中で、日々の積算被曝量や、これまでの内部被曝線量」などについて質問をしたかったが、残念ながら機会がなかった。


■免震棟を出て、再びJビレッジ

[13:22]
 免震重要棟からJビレッジに戻るため、控え室をでる。
 免震重要棟の廊下や階段の壁面には、全国から原発作業員の皆さんへ向けたメッセージボードや横断幕が届けられ飾られている。電力会社関係や、警察や消防関係からのものが多いような気がするが、小学校からのメッセージも目立つ。

[13:27]
 Jビレッジに戻るバスに乗り込む。隣りには元新聞記者で、現在は雑誌編集部にいる記者だった。お互いに今日の感想などを言い合う。彼は、想像よりも圧倒されて、まだまだちゃんとした感想を言えるような状況ではないという。

[13:35]
 バスがようやく出発。東電の敷地を出て、Jビレッジへ戻る。国道6号線に戻ると、東電から記者たちが携帯電話を返却され、電話の使用許可が出た。すぐにツイキャスをやろうと思ったが、ソフトバンクは繋がらない。

[14:03]
 大熊町と富岡町の町境まで来て、ようやくソフトバンクの電波が繋がった。ツイキャスを始める。
 この先は、20分間ほど、ツイキャスが残っているので、参考までに。

《ツイキャス》福島県富岡町国道6号線/2012年10月12日
http://twitcasting.tv/craft_box/movie/6791923

《ツイキャス》福島県富岡町〜広野町国道6号線/2012年10月12日
http://twitcasting.tv/craft_box/movie/6791958

[14:25]
 Jビレッジに到着。

[14:30]
 報道陣用の控え室に戻る。
 ここでもツイキャスの映像が残っているので、参考までに。ただし、最初の2分間はJビレッジ内を移動しながら撮影しているので画像が揺れている。要注意。
 二つ合わせて20分ほどの映像だが、ニコニコ動画の亀松記者のコメントや、寺澤氏の正式な挨拶なども入っている。

《ツイキャス》福島県広野町Jビレッジ/2012年10月12日
http://twitcasting.tv/craft_box/movie/6792089

《ツイキャス》福島県広野町Jビレッジその2/2012年10月12日
http://twitcasting.tv/craft_box/movie/6792244

[14:58]
 再度、WBC検査を受けるために、マイクロバスに乗って検査場へ向かう。

[15:12]
 検査場に到着。入所時は6台だけを使用していたが、今度は9台を使用している。

 さて、WBCの検査を具体的に見た事ない人もいるかと思う。今回、特別に某所の検査風景を撮影した映像を入手したので、ニコニコ動画にアップした。

《ニコニコ動画》某所にてWBC検査の様子
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19177829

 検査する人は、自分の順番になったら、検査機の前にいき、手荷物やポケットなどに入っているものを出し、手前のかごに入れる。機械の中の椅子に座る。目の前に小さなモニターがあるので、その指示に従って、椅子の脇にあるボタンを押せば検査開始。ちょうど1分で機械の動作は終了。「正常です」と表示される。機械から出て手荷物を持てば検査が終了となる。非常に簡易的なものだ。

 僕の入所時の検査結果は1063cpmだったが、退所時の検査結果は1163cpmだった。これは、機械の誤差と言える。まぁあまり内部被爆線量は変わっていないということだろう。
 ちなみに、APDによる積算外部被曝量は、9時頃から15時頃までの約6時間で、62マイクロシーベルトだった。

[15:30]
 WBC検査を終え、Jビレッジの控え室まで戻って来た。入所時のWBCはとても時間がかかったが、退所時は使用する検査機を増やしたためかあまり時間を取られず終わった。
 これで、全日程が終了である。控え室を出て、駐車場に移動して、東電広報室の人たちや関係者に挨拶を済ませ、ニコニコ動画やIWJのスタッフ、既知の記者、尾崎カメラマンなどとも別れを済ませた。

 7時にJビレッジに到着してから、およそ8時間半の取材だった。

1V0A7567.jpg
手に持っているのは、ICレコーダー
として養生して使用したiPhone
写真提供:尾崎孝史


*  *  *  *  *  *


 さて、非常に長い日誌となってしまいました。
 正直、もっと短くするべきかとも考えましたが、今後、別の記者が東京電力・福島第一原発を取材する機会があった際に出来るだけ参考になればと考えて、長いまま日誌を残すことにします。

 新聞、テレビ、雑誌、外国人記者、ネット、それぞれの媒体ともまた別の報告になりました。こうした記録も、あって良いかと思います。これで、貴重な取材機会を与えてもらった事に対して少しでもお返しになれば幸いです。

 最後になりましたが、感想を一つ。
 最初にも書きましたが、実際に取材をするまで、正直言って自分にとってどれほどの取材価値があるのか正確に把握できないでいました。しかし、やはり今回取材できた事は、とても良い経験になりました。
 今後もこうした機会があれば、出来るだけ多くの記者の方々に、応募してほしいと思います。もし、僕のように迷っている記者がいたとしたら、迷わずに行ってみる事をおススメします。今さらですが、それぞれが、それぞれの方法で伝えていく事が、何よりも大事な事なんだと、改めて感じました。

 では、これからも貴重な体験を求めて、取材を続けていきたいと思います。
 今後とも、「石のスープ」を何とぞ宜しくお願いいたします。


→1ページ目「東電福島第一原発構内の取材日誌」(1/4)へ←

→2ページ目「東電福島第一原発構内の取材日誌」(2/4)へ←

→3ページ目「東電福島第一原発構内の取材日誌」(3/4)へ←




このブログは、「石のスープ」の売上げで管理・公開されています。編集部メンバーの取材経費の支援・カンパとして、会員登録・定期購読のご協力を頂ければ幸いです。
メールマガジンの登録申し込みは「まぐまぐ」か、「ニコニコ・チャンネル」から

「まぐまぐ」→http://www.mag2.com/m/0001339782.html
「ニコニコ・チャンネル」→http://ch.nicovideo.jp/channel/sdp



■9月24日(月)発売!
『週刊金曜日』増刊号
〜さようなら原発 路上からの革命〜

ZK_Cover-3.jpg

発 行:(株)金曜日
定 価:500円
アマゾンにジャプ→ http://goo.gl/4L0Fd

「さようなら原発」のデモや集会が全国に広がっています。毎週金曜日に行なわれる首相官邸前デモや「7・16」の代々木公園には10万人を超える人々が集まりました。そこで目立つのは、これまでデモや市民運動に参加して来なかった人々の姿。原発事故をきっかけに、いま、「さようなら原発」の運動は、かつてないほど盛り上がっています。「この間の流れを1冊の写真誌として記録に残したい」と『週刊金曜日』が増刊号を発行しました。
全68ページ中36ページがカラー印刷。そのほとんどが、東京や全国の運動を写真で紹介しています。そのほか、哲学者・柄谷行人さんのコラム、フリーランスライターの畠山理仁さん、島田健弘さんなどの記事。そして渡部も、「7・16代々木集会」のレポートや、「20万人? 2万人? デモ参加人数、どっちがホント?」という短いコラムを書いています。また、僕が全体の編集と、一部デザインを担当。制作には、古くからのフリーランス仲間が協力してくれ、いつもの『週刊金曜日』とは一味違ったスタイルで作られています。



■まだまだよろしくお願いします!
風化する光と影
〜“メディアから消えつつある震災”の中間報告

HtK-2.jpg


著 者:渋井哲也 村上和巳 渡部真
発行元:E-Lock P.
発売元:マイウェイ出版(MYWAY MOOK)
定 価:1000円
アマゾンにジャプ→ http://t.co/Afp6g7qY

渋井哲也、渡部真と、ジャーナリストの村上和巳さんの3人が、これまで東日本大震災で未だに記事に出来なかった様々なルポを約35篇書き下ろしました!
まだ終わっていない震災のなかでの暮らし、それでも明日への歩みが進んでいる。あの時、誰もが見つめた現実を、もう一度、しっかりと受け止めるために、災害の検証、原発問題、生活のなかで起きている問題、学校で暮らす子ども達、未来に向けた復興について、などのテーマに分けて構成されています。
メルマガ仲間の三宅勝久、「ときどき登場」の寺家将太さん、ジャーナリストの長岡義幸さん、記者会見ゲリラの畠山理仁さん、ジャーナリストの粥川準二さんも、寄稿してくました。友人の編集者が、僕らが儲かりもしないのに取材を続けてきたことに支援してくれ、まさに赤字覚悟で頑張って発行してくれました。何とぞ宜しくお願いします。



渡部真 わたべ・まこと
1967年、東京都生まれ。広告制作会社を経て、フリーランス編集者・ライターとなる。下町文化、映画、教育問題など、幅広い分野で取材を続け、編集中心に、執筆、撮影、デザインとプリプレス全般において様々な活動を展開。東日本大震災以降、東北各地で取材活動を続けている。
[Twitter] @craft_box
[ブログ] CRAFT BOX ブログ「節穴の目」



■発行元:「石のスープ」編集部

■文責・編集:
  渋井哲也(フリーライター)
  村上和巳(フリージャーナリスト)
  渡部真(フリーランス編集者)

■サイト: http://weeklysdp.blog.fc2.com/
■メアド: sdp.snmw(あっとまーく)gmail.com
■登録の解除・変更:まぐまぐ: http://www.mag2.com/


 
スポンサーサイト

category: 渡部記事

cm --   tb --   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。