FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

3.11取材報告:石のスープ

フリーランスのライターやジャーナリストがお届けする有料メールマガジン「石のスープ」。東日本大震災の取材報告を中心に、バラバラのフリーランサー達が集まって一つの媒体と作ると、どんな味に仕上がるでしょうか……

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

渡部真【勝手気ままに】vol.10「『さようなら原発』への複雑な思い」 



週刊 石のスープ
定期号[2012年9月30日号/通巻No.43]

今号の執筆担当:渡部真




 こんにちは。「石のスープ」編集部の渡部です。
 昨年9月に創刊してから1年が経ちました。
 とはいえ、週刊といいながら4月以降は発行が滞り、読者の皆様には迷惑をおかけしています。
 さて、1年が経ち、編集部でもこのままでは読者の皆様に申し訳ないので、10月より体制を立て直して発行を続けたいと考えています。具体的には、

 1)月刊にする(編集部メンバーは毎月執筆)。
 2)基本的には東日本大震災をテーマに特化する
   (それ以外のテーマの記事を配信するときは増刊号を発行)。
 3)編集部メンバーの変更(現在、レギュラー3人を予定)

などを考えております。
 もちろん、これまで時おり仲間のライターが寄稿してくれたように、そうした増刊号も発行していきます。

 来月には、新しい編集体制で配信しますので、よろしくお願いいたします。

*  *  *  *  *  *


【9月24日発売『週刊金曜日』増刊号〜さようなら原発 路上からの革命〜】


 すでに先週の月曜日のことですが、『週刊金曜日』から臨時増刊号が発売されました。3月から始まった首相官邸前の抗議行動、7月16日の代々木公演の集会など、全国にひろがる「さようなら原発」運動をテーマにまとめた1冊です。
 この増刊号の編集を、古くからのフリーランス仲間である樋口聡さんと一緒に担当しました。
 今号では、その増刊号の編集ウラ話をお送りします……と思ったのですが、原稿を書いていたら長くなったので、2回に分けて、今回は、僕が編集をすることになるまでの前段をご紹介したいと思います。僕自身の「さようなら原発」運動への思いを知っていただけるかと思います。

*  *  *  *  *  *

■市民メディアの先駆けだった「週刊金曜日」

 『週刊金曜日』は1993年に創刊された週刊誌です。
 当時、ジャーナリストの本多勝一氏や筑紫哲也氏、作家の井上ひさし氏らが、市民の立場から社会を追究する新しい雑誌を創刊するという事で、非常に注目されました(初代編集委員は、上記3人のほか、石牟礼道子氏〈作家〉、久野収氏〈哲学者〉)。その編集委員の面子を見れば、新たなる硬派な反権力視点、もしくはその前年に廃刊となった『朝日ジャーナル』の系譜の雑誌になる事を予感させる、ものでした。
 また、広告に依存しない発行形式も話題になりました。いまでは、数少ないとはいえ一般書店でも販売されるようになりましたが、当時はほとんどの書店で取り扱っておらず、購読するためには半年以上の定期購読をしなければなりませんでした。しかし、広告などに依存しないその発行形態こそ「市民の立場から主張できるジャーナリズム」「権力を監視し物申せるジャーナリズム」「タブーなきジャーナリズム」を目指す事ができたのです。今でこそ「市民ジャーナリズム」「オルタナティブ・メディア」という言葉も時おり聞くようになりましたが、当時は、広告に依存せず、徹底して権力を監視する姿勢は、とても新鮮でした。

[参考]「週刊金曜日」〜創刊のことば〜
http://www.kinyobi.co.jp/consider/about/about_index.php


[写真]2011年6月11日/更地のようになった南相馬市の沿岸部
DSC_9580.jpg


[写真]生後2か月で津波の犠牲になった勇貴ちゃんの遺影と、黒岡さん夫婦
DSC_9579.jpg


[写真]2011年5月7日「原発やめろ渋谷デモ」
DSC_8194.jpg


*  *  *  *  *  *


※この後の記事(小見出しのみ紹介)
■いまの運動には同調できない部分もある
■忘れられない、おぞましいデモ行進の姿
■「こんな糞ったれた奴らと、まともな反原発と一緒にすんな!」
■それでも「原発反対」を支持したい


つづきは、有料メルマガ「週刊 石のスープ」のバックナンバーをご購読ください。

メールマガジンの登録申し込みは「まぐまぐ」から
http://www.mag2.com/m/0001339782.html

*  *  *  *  *  *


 なお、明日10月1日、中野・barルナベースにて、同誌の編集こぼれ話などを語るトークイベントがあります。編集を一緒に担当した、ライターの樋口聡さんと酒を飲みながらゆる〜い感じでお客さんと一緒に話すイベントです。
 もし時間があったら、ぜひお越しください。

【イチゲツ・カフェ】

10月1日(月)19時頃〜
中野・barルナベース

http://goo.gl/879j1



■まだまだよろしくお願いします!
風化する光と影
〜“メディアから消えつつある震災”の中間報告

著 者:渋井哲也 村上和巳 渡部真
発行元:E-Lock P.
発売元:マイウェイ出版(MYWAY MOOK)
定 価:1000円
アマゾンにジャプ→ http://t.co/Afp6g7qY

渋井哲也、渡部真と、ジャーナリストの村上和巳さんの3人が、これまで東日本大震災で未だに記事に出来なかった様々なルポを約35篇書き下ろしました!
まだ終わっていない震災のなかでの暮らし、それでも明日への歩みが進んでいる。あの時、誰もが見つめた現実を、もう一度、しっかりと受け止めるために、災害の検証、原発問題、生活のなかで起きている問題、学校で暮らす子ども達、未来に向けた復興について、などのテーマに分けて構成されています。
メルマガ仲間の三宅勝久、「ときどき登場」の寺家将太さん、ジャーナリストの長岡義幸さん、記者会見ゲリラの畠山理仁さん、ジャーナリストの粥川準二さんも、寄稿してくました。友人の編集者が、僕らが儲かりもしないのに取材を続けてきたことに支援してくれ、まさに赤字覚悟で頑張って発行してくれました。何とぞ宜しくお願いします。



■9月24日(月)発売!
『週刊金曜日』増刊号
〜さようなら原発 路上からの革命〜

発 行:(株)金曜日
定 価:500円
アマゾンにジャプ→ http://goo.gl/4L0Fd

「さようなら原発」のデモや集会が全国に広がっています。毎週金曜日に行なわれる首相官邸前デモや「7・16」の代々木公園には10万人を超える人々が集まりました。そこで目立つのは、これまでデモや市民運動に参加して来なかった人々の姿。原発事故をきっかけに、いま、「さようなら原発」の運動は、かつてないほど盛り上がっています。「この間の流れを1冊の写真誌として記録に残したい」と『週刊金曜日』が増刊号を発行しました。
全68ページ中36ページがカラー印刷。そのほとんどが、東京や全国の運動を写真で紹介しています。そのほか、哲学者・柄谷行人さんのコラム、フリーランスライターの畠山理仁さん、島田健弘さんなどの記事。そして渡部も、「7・16代々木集会」のレポートや、「20万人? 2万人? デモ参加人数、どっちがホント?」という短いコラムを書いています。また、僕が全体の編集と、一部デザインを担当。制作には、古くからのフリーランス仲間が協力してくれ、いつもの『週刊金曜日』とは一味違ったスタイルで作られています。



■9月20日(木)発売!
ほこ×たて DVDブック
最強ドリルVS最強金属編

発 行:扶桑社
定 価:1575円
アマゾンにジャプ→ http://goo.gl/2Dl1I

フジテレビの対戦型人気番組『ほこ×たて』の名物対決である「絶対に穴の開かない金属 vs どんなものにも穴を開けるドリル」がDVDブックになりました。番組名の由来となっている「矛盾」の逸話を現代におきかえた金属対決。日本の“ものづくり”に情熱とプライドをかけた男達の数々の勝負。その第1戦から第5戦までの舞台裏から勝敗までを、関係者達のインタビューを中心に振り返った1冊。第1選目の動画を収めたDVDが付けられていますが、この本の要は対戦ルポ。テレビでは放送されなかった職人達の思いや戦術の裏話など、この本でしか味わう事のできないルポルタージュに仕上がっています。見ル野栄司によるマンガも収録。渡部が、各対戦のインタビューと執筆を担当しました。



渡部真 わたべ・まこと
1967年、東京都生まれ。広告制作会社を経て、フリーランス編集者・ライターとなる。下町文化、映画、教育問題など、幅広い分野で取材を続け、編集中心に、執筆、撮影、デザインとプリプレス全般において様々な活動を展開。東日本大震災以降、東北各地で取材活動を続けている。
[Twitter] @craft_box
[ブログ] CRAFT BOX ブログ「節穴の目」



■発行元:「週刊 石のスープ」編集部

■文責:渋井哲也・西村仁美・
    三宅勝久・渡部真
■編集:渡部真

■サイト: http://weeklysdp.blog.fc2.com/
■メアド: sdp.snmw(あっとまーく)gmail.com
■登録の解除・変更:まぐまぐ: http://www.mag2.com/


 
スポンサーサイト

category: 渡部記事

cm --   tb --   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。