10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

3.11取材報告:石のスープ

フリーランスのライターやジャーナリストがお届けする有料メールマガジン「石のスープ」。東日本大震災の取材報告を中心に、バラバラのフリーランサー達が集まって一つの媒体と作ると、どんな味に仕上がるでしょうか……

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

渡部真【勝手気ままに】Vol.13「お互い様なラジオ放送」  



石のスープ
定期号[2012年11月30日号/通巻No.58]

今号の執筆担当:渡部真


 
■久しぶりに訪れた仮設住宅に、FM局が出来ていた

 福島県には、県庁所在地の福島市、繁華街が賑わっている郡山市、漁業の栄えるいわき市、3つの30万人都市があり、それぞれが周辺地域の経済を支えている。福島は日本で3番目に広い面積で、その経済的な中心地が、ほぼ同じような規模で3つ存在しているのだ。
 そのなかで郡山市は、東京の郊外の地域によく似た雰囲気だ。あくまでも僕のイメージでしかないが、福島県の中でもっとも東京の雰囲気に似ていると感じる。市街地の繁華街は、ちょうど東京の町田駅や八王子駅の周辺という感じ。

 2011年3月11日の東日本大震災の発生以降、郡山市は沿岸部の被災者たちの避難を数多く受け入れてきた。一方で、郡山市もまた、震度6の地震に襲われた「被災地」だ。全半壊の住宅は約2万戸で、宮城県仙台市、福島県いわき市、宮城県石巻市に次いで、4番目の被害であることは、見過ごされがち。これは、沿岸地域でない内陸ではもっとも深刻な被害だ。上記の3市は、どれも津波被害による影響も大きいのだが、内陸部である郡山市は海がなく、地震による影響が大きかったのだ。

 そんな郡山市の市街地の郡山駅から、車で20〜30分ほど走ったところに、富田若宮前仮設住宅がある。
 約500戸の住宅は6つのエリアに区切られ、全体で約1000人の避難者が暮らしている。その多くは、原発事故の影響を受けた富岡町、双葉町、川内村から避難している人たちだ。

 11月初旬にこの地を訪ねた。昨年の夏以来、約1年2か月ぶりだった。当時はまだ仮設住宅も6〜7割ほどしか完成しておらず、久しぶりに来てみると、集会所やペット(犬)専用の小屋まで出来ていて、ずいぶんと様変わりしていた。

03IMG_2305.jpg
04IMG_2306.jpg
仮設住宅の敷地の外れに設置された犬専用の小屋。
小さな物置くらいのスペースに区切られている。
小さな窓が唯一の明かりの射し口


 敷地のほぼ中央には、「おたがいさまセンター」(正式名称:富岡町生活復興支援センター)が作られていた。今年の2月に正式に設置されたらしい。運営主体は、富岡町社会福祉協議会で、被災者同士が助け合い、被災者同士をつなぐためのボランティア活動支援施設として位置づけられている。
 喫茶室などもあり、仮設住宅で暮らす人たちの憩いの場になっている。数百人規模の仮設住宅では、こうした集会所のような場所はよく見られるが、社会福祉協議会が運営しているだけあって、ボランティアの受け入れなどが充実しているのが特徴だ。

 その「おたがいさまセンター」内に、小さなラジオブースが設けられ、「おたがいさまFM」がラジオを放送していた。


※この後の記事(小見出しのみ紹介)
■仮想コミュニティ空間の可能性
■仮設住宅に来て、聞いて、それを伝えてほしい


つづきは、有料メールマガジン「石のスープ」のバックナンバーをご購読ください。



このブログは、「石のスープ」の売上げで管理・公開されています。編集部メンバーの取材経費の支援・カンパとして、会員登録・定期購読のご協力を頂ければ幸いです。
メールマガジンの登録申し込みは「まぐまぐ」か、「ニコニコ・チャンネル」から



■12月6日(木) 生中継番組

【東日本大震災 証言アーカイブス】
宮城県の仮設住宅を取材してきました!
http://live.nicovideo.jp/watch/lv116518279


【日時】2012年12月6日(木)20時00分〜21時30分
【出演】島田健弘(フリーライター)
    渋井哲也(フリーライター)
    畠山理仁(フリーランスライター)
    増田菜穂子(学生)

【番組】http://live.nicovideo.jp/watch/lv116518279
    ※無料放送です

11月21日にスタートした「Fプロジェクト・チャンネル」によるブロマガ【東日本大震災 証言アーカイブス】。チャンネル公開、コンテンツスタートを記念して、第一回ニコ生中継を放送します。
9月1日〜3日まで、島田さん、渋井さん、畠山さん、そして僕や数人のライター達と一緒に、宮城県石巻市や気仙沼市の仮設住宅を訪れ、合同取材をしてきました。震災から約1年半を迎えて仮設住宅で暮らす人たちが抱えている問題点はどんな事なのか? 合同取材の中で見えてきたものとは……



■12月10日 主催イベント

東日本大震災 取材報告会
「風化する光と影〜継続する僕らの取材レポート」岩手篇
http://makoto-craftbox.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-e86b.html

84b12646a4105cc96bd2b9d76166474ca5670e9d



村上さんは岩手県の北部を、渡部は選挙期間という事もあってある県南部の沿岸地域の選挙の様子を、新たに取材し報告する予定です。

【日 時】2012年12月10日(月)18時30分〜
【会 場】新宿2丁目「道楽亭 Ryu's bar」
     http://www.ryus-dourakutei.com/pctop.html
     新宿区新宿2-14-5 坂上ビル
     03-6457-8366

【出 演】渋井哲也(フリーライター)
     村上和巳(フリージャーナリスト)
     渡部真(フリーランス編集者)
 (司会)畠山理仁(フリーランスライター)

【入場料】[前売り]2000円 [当日]2400円
    ※大学生:半額 高校生以下無料
    ドリンク代は別/食べ物は用意していないので持ち込みOK

【予約・問合】「石のスープ」編集部まで
      sdp.snmw(あっとまーく)gmail.com
      080-4366-3070

【放送】http://ch.nicovideo.jp/lives/sdp (一部有料)



■「Fプロジェクト・チャンネル」β版公開

東日本大震災 証言アーカイブス
Fプロジェクト・チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/channel/f-project


現在も自由報道協会に残っているメンバー、協会から去ったメンバー、それぞれですが、この「F プロジェクト」の一環として、ブロマガ「東日本大震災 証言アーカイブス」に、我々の記事を提供していきたいと思っています。「石のスープ」編集部の渋井さんや渡部も、「石のスープ」の取材報告とは記事のテイストを変えて、被災した皆さんから聞かせていただいた「生の声」を記事にしています。



渡部真 わたべ・まこと
1967年、東京都生まれ。広告制作会社を経て、フリーランス編集者・ライターとなる。下町文化、映画、教育問題など、幅広い分野で取材を続け、編集中心に、執筆、撮影、デザインとプリプレス全般において様々な活動を展開。東日本大震災以降、東北各地で取材活動を続けている。
[Twitter] @craft_box
[ブログ] CRAFT BOX ブログ「節穴の目」



■発行元:「石のスープ」編集部

■文責・編集:
  渋井哲也(フリーライター)
  村上和巳(フリージャーナリスト)
  渡部真(フリーランス編集者)

■サイト: http://weeklysdp.blog.fc2.com/
■メアド: sdp.snmw(あっとまーく)gmail.com
■登録の解除・変更:まぐまぐ: http://www.mag2.com/


スポンサーサイト

category: 渡部記事

cm --   tb --   page top

【お知らせ】いろいろ。 

※今号は無料公開版です。

石のスープ
定期号[2012年11月21日号/通巻No.57]

今号の執筆担当:編集部



こんにちは。「石のスープ」編集部の渡部です。

今回は、直近のイベントなどをご紹介します。
生中継、イベントなど、ぜひご協力ください。

*  *  *  *  *


■12月6日(木) 生中継番組
【東日本大震災 証言アーカイブス】
宮城県の仮設住宅を取材してきました!
http://live.nicovideo.jp/watch/lv116518279

226f4cb610f35fdbaf09ae80215d5936129df779


11月21日にスタートした「Fプロジェクト・チャンネル」によるブロマガ【東日本大震災 証言アーカイブス】。
チャンネル公開、コンテンツスタートを記念して、第一回ニコ生中継を放送します。

9月1日〜3日まで、島田さん、渋井さん、畠山さん、そして僕や数人のライター達と一緒に、宮城県石巻市や気仙沼市の仮設住宅を訪れ、合同取材をしてきました。

僕らはフリーランサーですので、普段は組織的に取材する機会は少ないのですが、ジャーナリストの村上和巳さんも一緒に協力してくれたり、途中、津田大介さんなども合流したりしながら、同じタイミングで、同じ場所で、同じテーマを一緒に取材することで、「現在進行形の震災」をいつもとは少し違う視点で見つめる事ができるのではないかと、企画しました。

島田さんをはじめ、来年の4月から地方新聞社の記者になる増田さんなど、生放送で取材レポートをしてくれることになりました。

震災から約1年半を迎えて仮設住宅で暮らす人たちが抱えている問題点はどんな事なのか? 合同取材の中で見えてきたものとは……

【日時】2012年12月6日(木)20時00分〜21時30分

【出演】島田健弘(フリーライター)
    渋井哲也(フリーライター)
    畠山理仁(フリーランスライター)
    増田菜穂子(学生)

【番組】http://live.nicovideo.jp/watch/lv116518279
    ※無料放送です




■12月10日 主催イベント
東日本大震災 取材報告会
「風化する光と影〜継続する僕らの取材レポート」岩手篇
http://makoto-craftbox.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-e86b.html

84b12646a4105cc96bd2b9d76166474ca5670e9d

震災1年で上梓した「風化する光と影」(マイウェイ出版)は、僕らが今後も取材報告を続けていきたいという想いを込めて、サブタイトルに「中間報告」という文字を入れました。そして、同書の執筆陣たちが継続して取材報告をする場を作るため、定期的に取材報告会のイベントをおこなっています。第2回の今回は「岩手篇」です。
村上さんは岩手県の北部を、渡部は選挙期間という事もあってある県南部の沿岸地域の選挙の様子を、新たに取材し報告する予定です。

【日 時】2012年12月10日(月)18時30分〜
【会 場】新宿2丁目「道楽亭 Ryu's bar」
     http://www.ryus-dourakutei.com/pctop.html
     新宿区新宿2-14-5 坂上ビル
     03-6457-8366

【出 演】渋井哲也(フリーライター)
     村上和巳(フリージャーナリスト)
     渡部真(フリーランス編集者)
 (司会)畠山理仁(フリーランスライター)

【入場料】[前売り]2000円 [当日]2400円
    ※大学生:半額 高校生以下無料
    ドリンク代は別/食べ物は用意していないので持ち込みOK

【予約・問合】「石のスープ」編集部まで
      sdp.snmw(あっとまーく)gmail.com
      080-4366-3070

【放送】http://ch.nicovideo.jp/lives/sdp (一部有料)

 98db7280a4978d1c4a3b51e6cadb15cf8212c3a9

 


■11月27日 歌舞伎町に飲みにきて!
歌舞伎町・Bar HANA(はな)
http://kabukicho-commune.jp/modules/map/index.php?cid=70&lid=408&page=print

渋井さんが共同オーナーを勤める「Bar HANA」。先月から、渡部真も毎月第4火曜日だけお店に出ています。毎週水曜日は、渋井さんが担当としてお店に出ています。

「5days After The Birthday」
とうとう、四捨五入して50歳になってしまった渡部ですが、老骨に鞭打って奮闘しています。ぜひ、27日にご来店いただき、ソフトドリンクの1杯でもご馳走してください。
お惣菜を作ってお待ちしています。

【営業時間】27日 20時〜27時
【場所】新宿区歌舞伎町1-3-10
    新宿センター寺子屋上



■11月28日 生中継番組
「生活保護を考える」
http://ch.nicovideo.jp/channel/shibui

グラビアも出ている女優・藤崎ルキノさんを迎えて、NPO法人ほっとプラス代表理事で、反貧困ネットワーク埼玉でも活躍する藤田孝典さんとともに、生活保護問題を考えようという番組です。

【時間】2012年11月28日(水)21時〜

【出演】渋井哲也(フリーライター)
    藤崎ルキノ(グラビア女優)
    藤田孝典(ほっとプラス)

【放送】21時〜無料放送
    http://live.nicovideo.jp/watch/lv114806717
    22時〜会員限定
    http://live.nicovideo.jp/watch/lv114806942




■「Fプロジェクト・チャンネル」β版公開
東日本大震災 証言アーカイブス
Fプロジェクト・チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/channel/f-project

2011年10月、『自由報道協会が追った3.11』という書籍が発行されました。当時、自由報道協会に所属していたメンバー達が、東日本大震災からの半年間、日本の姿をどう捉えていたか、25人の執筆者のそれぞれの視点をまとめた一冊です。
その印税を予算にして、「ワークショップ」「公開討論会」「被災地アーカイブ」などの実現を模索してきましたが、なかなか実現できずに遅れてしまいました。
そのなかで「被災地アーカイブス」がようやく公開することになったのが、この「東日本大震災 証言アーカイブス」です。

「自由報道協会 有志の会 被災地支援プロジェクト」が運営主体ですが、長ったらしいネーミングと、自由報道協会と混同されて誤解されるため、「Fプロジェクト」を略称にしようと考えています。11月中に、プロジェクトのメンバーで集まる予定ですので、その際に、このサイトや略称に承認を受ける予定ですので、それまでは「β版」として公開しています。

現在も自由報道協会に残っているメンバー、協会から去ったメンバー、それぞれですが、この「Fプロジェクト」の一環として、ブロマガ「東日本大震災 証言アーカイブス」に、我々の記事を提供していきたいと思っています。「石のスープ」編集部の渋井さんや渡部も、「石のスープ」の取材報告とは記事のテイストも変えて、被災した皆さんから聞かせていただいた「生の声」を記事にしています。

すでに数本の記事をアップし始めています。公開が半年間遅れた事もあって、数日間はほぼ毎日公開していきます。その後は、毎月数本ずつの記事がアップされ、全部で約50本の「証言」をアップする予定ですので、「Fプロジェクト」の活動を末永く見守っていただければ幸いです。
 そして、こうした証言記録を残し、皆様が読んでいただく事によって、震災が風化しない一助となればと考えている次第です。



■「石のスープ」年末読者プレゼント

「オリジナル・ポストカード」「電子書籍」

フリーランサーズ・マガジン「石のスープ」は、昨年に続き、今年も「年末読者プレゼント」を実施します!
今年は、「オリジナル・ポストカード」と「電子書籍版」を企画中。
12月の時点で「石のスープ」の定期購読されている方で、希望する方には全員、無料でプレゼントします!!

詳細は、12月中旬に定期購読の皆さんにメルマガでお知らせします(配送は年末を予定)。

ぜひ、お楽しみに〜。


*  *  *  *  *


 ということで、お知らせいろいろでした。

 村上さんと渡部の定期号は、数日のうちに改めて配信しますので、お待ちください!



このブログは、「石のスープ」の売上げで管理・公開されています。編集部メンバーの取材経費の支援・カンパとして、会員登録・定期購読のご協力を頂ければ幸いです。
■会員登録・定期購読は、「ニコニコチャンネル」か「まぐまぐ」で。

 ニコニコ→ http://ch.nicovideo.jp/channel/sdp
 まぐまぐ→ http://www.mag2.com/m/0001339782.html

category: お知らせ

cm --   tb --   page top

渋井哲也【“一歩前”でも届かない】vol.9「震災取材を通して出会った釜石の人たち」 



石のスープ
定期号[2012年11月21日号/通巻No.56]

今号の執筆担当:渋井哲也




 2012年11月18日、東京・台東区の生涯学習センターで環境フェスティバルが開かれていました。私はそこに行き、震災瓦礫で作ったキーホルダーを購入しました。岩手県釜石市や大槌町で活動をしている「一般社団法人 和 RING−PROJECT」が販売しているものです。瓦礫の大きさ数センチで、ほぼ中心には「和」と書かれて、またどこの瓦礫が書かれています。「陸前高田」「釜石」「大槌」、大槌町の「赤浜小」と刻印されています。

[参照]和 RING−PROJECT
 http://www.ring-project.jp/index.html

 「和 RING−PROJECT」と台東区との関係は、震災がきっかけだったようです。台東区の職員が震災後、復興支援のために釜石市に応援に来ていたという。それをきかっけに、スタッフともつながり、今回の「環境フェス」に参加することになったのです。

shibu-112101.jpg
購入した震災がれきのキーホルダー。
「陸前高田」は、市外での処理が多く、数は少ない


 私がこのフェスで震災瓦礫のキーホルダーを買いに出向いたのは、ある女性のTwitterで知ったからです。その女性とは、取材で釜石市を訪れたときに知り合いました。私が釜石市内で飲める人を募集するツイートをしたときに、集まってくれた人の一人でした。そのとき、彼女は、NPOに所属していたのですが、今年になって「和 RING−PROJECT」で働いています。



このブログは、「石のスープ」の売上げで管理・公開されています。編集部メンバーの取材経費の支援・カンパとして、会員登録・定期購読のご協力を頂ければ幸いです。
メールマガジンの登録申し込みは「まぐまぐ」か、「ニコニコ・チャンネル」から

「まぐまぐ」→http://www.mag2.com/m/0001339782.html
「ニコニコ・チャンネル」→http://ch.nicovideo.jp/channel/sdp



■渋井哲也のweb連載
「ジョルダンニュース」渋井哲也、被災地の「記憶」(第8回)
見えにくい被災者の生活問題

http://news.jorudan.co.jp/mb.cgi?action=2&id=JD1351214515321

渋井哲也が連載している「ジョルダンニュース」。10月26日に最新記事が配信されました。被災地の復興にとって重要な鍵となる「移転問題」を取り上げています。



■まだまだよろしくお願いします!
風化する光と影
〜“メディアから消えつつある震災”の中間報告

著 者:渋井哲也 村上和巳 渡部真
発行元:E-Lock P.
発売元:マイウェイ出版(MYWAY MOOK)
定 価:1000円
アマゾンにジャプ→ http://t.co/Afp6g7qY

渋井哲也、村上和巳、渡部真の3人が、これまで東日本大震災で未だに記事に出来なかった様々なルポを約35篇書き下ろしました!
まだ終わっていない震災のなかでの暮らし、それでも明日への歩みが進んでいる。あの時、誰もが見つめた現実を、もう一度、しっかりと受け止めるために、災害の検証、原発問題、生活のなかで起きている問題、学校で暮らす子ども達、未来に向けた復興について、などのテーマに分けて構成されています。
メルマガ仲間の三宅勝久、「ときどき登場」の寺家将太さん、ジャーナリストの長岡義幸さん、記者会見ゲリラの畠山理仁さん、ジャーナリストの粥川準二さんも、寄稿してくました。友人の編集者が、僕らが儲かりもしないのに取材を続けてきたことに支援してくれ、まさに赤字覚悟で頑張って発行してくれました。何とぞ宜しくお願いします。



渋井哲也 しぶい・てつや
1969年、栃木県生まれ。長野日報社記者を経てフリーライター。自殺やメンタルヘルスやネット・コミュニケーション等に関心がある。阪神淡路大震災以来の震災取材。著書に「自殺を防ぐためのいくつかの手がかり」(河出書房新社)など。
[Twitter] @shibutetu
[ブログ] てっちゃんの生きづらさオンライン



■発行元:「石のスープ」編集部

■文責・編集:
  渋井哲也(フリーライター)
  村上和巳(フリージャーナリスト)
  渡部真(フリーランス編集者)

■サイト: http://weeklysdp.blog.fc2.com/
■メアド: sdp.snmw(あっとまーく)gmail.com
■登録の解除・変更:まぐまぐ: http://www.mag2.com/


category: 渋井記事

cm --   tb --   page top

【お知らせ】現在、無料公開中のページ 

 こんにちは。「石のスープ」編集部の渡部です。
 現在、この「石のスープ ブログ版」で無料公開している記事を整理して一覧にしました。定期購読されていない方は、ぜひご参照いただき、購読のキッカケにしてください。
 よろしくお願いいたします。




2011.9.15 渡部真
〜自己紹介にかえて〜
相馬市の中学校の相談室から
http://weeklysdp.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

2011.9.18 渋井哲也
〜自己紹介にかえて〜
東日本大震災を取材するまで
http://weeklysdp.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

2011.9.22 西村仁美
~自己紹介にかえて~
現実に突き動かされて
http://weeklysdp.blog.fc2.com/blog-entry-8.html

2011.9.27 三宅勝久
~自己紹介にかえて~
作文はつらいよ
http://weeklysdp.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

2011.11.24 渡部真
【勝手気ままに】vol.2
編集者としてのこだわり
http://weeklysdp.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

2011.12.29 「石のスープ」編集部
年末特別号・電子書籍版
今年の一枚
http://weeklysdp.blog.fc2.com/blog-entry-29.html

2012.1.30 渡部真
【勝手気ままに】vol.5
本当に想定外だったのか!?」その2
http://weeklysdp.blog.fc2.com/blog-entry-40.html

2012.3.31 渡部真
【勝手気ままに】vol.6
『風化する光と影』の内容を紹介
http://weeklysdp.blog.fc2.com/blog-entry-51.html

2012.5.3-10 西村仁美 ※電子書籍版を一部公開
【とりあえず行ってみる】vol.9
和田さん、フリーペーパーで労働者仲間を応援!
http://weeklysdp.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

2012.5.17-24 渋井哲也 ※電子書籍版を一部公開
【“一歩前”でも届かない】vol.6
「東京都青少年健全育成条例」改正の問題点
http://weeklysdp.blog.fc2.com/blog-entry-61.html

2012.9.26 渡部真
【勝手気ままに】vol.9
隣りの記者が不当に排除されている
http://weeklysdp.blog.fc2.com/blog-entry-65.html

2012.10.22 渡部真
【勝手気ままに】vol.12
東電福島第一原発構内の取材日誌
http://weeklysdp.blog.fc2.com/blog-entry-75.html



このブログは、「石のスープ」の売上げで管理・公開されています。編集部メンバーの取材経費の支援・カンパとして、会員登録・定期購読のご協力を頂ければ幸いです。
メールマガジンの登録申し込みは「まぐまぐ」か、「ニコニコ・チャンネル」から

「まぐまぐ」→http://www.mag2.com/m/0001339782.html
「ニコニコ・チャンネル」→http://ch.nicovideo.jp/channel/sdp



■発行元:「石のスープ」編集部

■文責・編集:
  渋井哲也(フリーライター)
  村上和巳(フリージャーナリスト)
  渡部真(フリーランス編集者)

■サイト: http://weeklysdp.blog.fc2.com/
■メアド: sdp.snmw(あっとまーく)gmail.com
■登録の解除・変更:まぐまぐ: http://www.mag2.com/


 

category: お知らせ

cm --   tb --   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。