03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

3.11取材報告:石のスープ

フリーランスのライターやジャーナリストがお届けする有料メールマガジン「石のスープ」。東日本大震災の取材報告を中心に、バラバラのフリーランサー達が集まって一つの媒体と作ると、どんな味に仕上がるでしょうか……

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

三宅勝久【東京アパルトヘイト観察記】vol.5「続続・裁判所のアパルトヘイト」  



週刊 石のスープ
定期号[2012年4月12日号/通巻No.35]

今号の執筆担当:三宅勝久





■裁判結果の格差

 法の番人であり、法の下の平等を守るのが仕事であるはずの裁判所が、法の破壊者であり差別の主人公になっている……
東京地裁・高裁の入り口検査のあり方を観察してきた結果、筆者はそうした確信をますます深めている。法の番人が差別するということは、日本が法治国家でないという恐ろしい事態を意味する。なぜ恐ろしいと感じるのか。

 たとえば腹が減ってソーセージを盗むという犯罪を二人の人間が犯したとしよう。ひとりは失業したホームレス、もうひとりは酔っ払って終電を逃した大企業の社員。ホームレスは被害者に弁償するカネもなければ腕利きの弁護士を雇うカネもない。懲役1年執行猶予2年。大企業の社員のほうはすぐに弁償して不起訴。こういうことは日常的にある。

 2年ほど前だったが京都地裁でたまたま入った法廷で、ホームレスの男性がハム工場の冷蔵庫に入ってサラミを盗んだという事件の公判を傍聴した。もともとそこの冷蔵庫で派遣社員として働いていたのが首切りにあって失業し、ホームレスとなった。車で寝泊りしていたがやがて持ち金が底をついた。公園の水を飲んで飢えをしのぐこと3日、空腹に耐え切れなくなった挙句に思いついたのが元の職場だったハム工場の冷蔵庫である。勝手知った冷蔵庫からサラミハムの箱ひとつを盗み出すことに成功した。といってもそんなに苦労した形跡はないので、簡単に入れたのであろう。男性はサラミを食いつなぎながら3日をすごした。そして食料が尽きた後に再び冷蔵庫へ向かったところを警戒していたハム工場の社員によって通報され警察に突き出されたのであった。

 『ああ無常』(レミゼラブル)の主人公・ジャンバルジャンを彷彿させるような切ない事件である。しかし、あきれたのは公判の進め方だった。

つづきは、有料メルマガ「週刊 石のスープ」のバックナンバーをご購読ください。

メールマガジンの登録申し込みは「まぐまぐ」から
http://www.mag2.com/m/0001339782.html



■好評発売中!
「日本を滅ぼす電力腐敗」

著 者:三宅勝久
発行元:新人物往来社
定 価:750円
→ アマゾンにジャンプ ←
http://www.amazon.co.jp/dp/4404040938/

 2011年3月、東日本大震災の影響で津波が発生すると、これにより東京電力福島第一原発は破壊された。その後、復旧のメドはたっておらず、放射線の放出は今も続いている。日本には50基以上の原発が存在する。地震大国であるこの日本に、どうしてこんなに多くの原発が建設されることになったのか。何か“カラクリ”があるに違いない―そう思った著者は調査を始めた。調べていくにつれ、政・官・司法の驚くべき癒着・天下りの実態が浮き彫りになっていく。時代遅れの危険な原発建設を阻止できない日本。「電力」という巨大な腐敗権力が、この国を破滅へと導くのか。



■三宅勝久 記事掲載!
ニュースサイト『MyNewsJapan』

http://www.mynewsjapan.com/writers/1891

インターネットニュースサイトの『MyNewsJapan』では、三宅勝久が社会事件を追及し、定期的に記事を投稿しています。ぜひご購読ください。



■3月上旬 緊急出版決定!
風化する光と影
“メデイァから消えつつある震災”の中間報告
(MYWAY MOOK)
http://t.co/Afp6g7qY


渋井哲也、渡部真と、ジャーナリストの村上和巳さんの3人が、これまで東日本大震災で未だに記事に出来なかった様々なルポを約35篇書き下ろしました!
まだ終わっていない震災のなかでの暮らし、それでも明日への歩みが進んでいる。あの時、誰もが見つめた現実を、もう一度、しっかりと受け止めるために、災害の検証、原発問題、生活のなかで起きている問題、学校で暮らす子ども達、未来に向けた復興について、などのテーマに分けて構成されています。
「石のスープ」の三宅勝久は、裁判所から東電に天下りしている実態をレポート。そのほかライター仲間たちも寄稿してくれています。



三宅勝久 みやけ・かつひさ
1965年岡山県生まれ。フリーカメラマンとして中南米・アフリカの紛争地などを取材、『山陽新聞』記者を経て2002年からジャーナリスト。「債権回収屋G 野放しの闇金融」で第12回『週刊金曜日』ルポルタージュ大賞優秀賞受賞。2003年、同誌に連載した武富士批判記事をめぐって同社から1億1000万円の賠償を求める訴訟を起こされるが最高裁で武富士の完全敗訴が確定。不当訴訟による損害賠償を、同社と創業者の武井保雄氏から勝ち取る。
最新刊『日本を滅ぼす電力腐敗』(新人物文庫)好評発売中! 著書に『サラ金・ヤミ金大爆発 亡国の高利貸』『悩める自衛官 自殺者急増の内幕』『自衛隊員が死んでいく“自殺事故”多発地帯からの報告』(いずれも花伝社)、『武富士追及 言論弾圧裁判1000日の闘い』(リム出版新社)、『自衛隊という密室 いじめと暴力、腐敗の現場から』(高文研)など。
[Twitter] @saibankatuhisa
[ブログ] ジャーナリスト三宅勝久公式毒舌ブログ



■発行元:「週刊 石のスープ」編集部

■文責:渋井哲也・西村仁美・
    三宅勝久・渡部真
■編集:渡部真

■サイト: http://weeklysdp.blog.fc2.com/
■メアド: sdp.snmw(あっとまーく)gmail.com
■登録の解除・変更:まぐまぐ: http://www.mag2.com/


 
スポンサーサイト

category: 三宅記事

cm --   tb --   page top

電子書籍版を配信 



週刊 石のスープ
定期号[2012年4月5日号/通巻No.34]

今号の執筆担当:渡部真




いつも「週刊 石のスープ」をご愛読いただき、誠にありがとうございます。
 また、本年2〜3月にかけましては、発行が大幅に遅れるなど、皆様にはたいへんご迷惑をおかけしました事を、改めてお詫びいたします。たいへん申し訳ありませんでした。

 2011年3月11日に発生した東日本大震災から1年が経ちました。私たち「石のスープ」編集部の一同は、これまでそれぞれのできる範囲で震災と向き合い、取材し、その結果を報じてきました。まだまだ取材しきれない事、伝えきれない事が多く、自分達の非力さを痛感する日々です。それでも、まだまだ先の見えない被災地の現状と、そこで暮らしている人々の様子を、これからもできるだけ見続け、皆様にご報告できるようにしていきたいと考えています。

 さて、今号は、まぐまぐ読者の方々限定で、電子書籍版としてお送りします。
 宮城県や岩手県の漁業関係者の短いルポを2つと、この1年間の東北各地を写した写真十数枚を掲載しています。

  ■書 式:PDF形式
  ■サイズ:B6判盾置き
  ■頁 数:36ページ
  ■容 量:12.2Mb

電子書籍の購読は、有料メルマガ「週刊 石のスープ」のバックナンバーをお申し込みください。

 配信が遅いとお叱りを受け続けている本誌ですが、今後とも、何とぞよろしくお願いいたします。

メールマガジンの登録申し込みは「まぐまぐ」から
http://www.mag2.com/m/0001339782.html



渡部真 わたべ・まこと
1967年、東京都生まれ。広告制作会社を経て、フリーランス編集者・ライターとなる。下町文化、映画、教育問題など、幅広い分野で取材を続け、編集中心に、執筆、撮影、デザインとプリプレス全般において様々な活動を展開。東日本大震災以降、東北各地で取材活動を続けている。
[Twitter] @craft_box
[ブログ] CRAFT BOX ブログ「節穴の目」



■発行元:「週刊 石のスープ」編集部

■文責:渋井哲也・西村仁美・三宅勝久・渡部真
■編集:渡部真

■サイト: http://weeklysdp.blog.fc2.com/
■メアド: sdp.snmw(あっとまーく)gmail.com
■登録の解除・変更:まぐまぐ: http://www.mag2.com/


 

category: 記事

cm --   tb --   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。