09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

3.11取材報告:石のスープ

フリーランスのライターやジャーナリストがお届けする有料メールマガジン「石のスープ」。東日本大震災の取材報告を中心に、バラバラのフリーランサー達が集まって一つの媒体と作ると、どんな味に仕上がるでしょうか……

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

渡部真【勝手気ままに】vol.1「現場に行くことの大切さ〜『自由報道協会が追った3.11』編集後記その1〜」 



週刊 石のスープ
定期号[2011年10月29日号/通巻No.8]

今号の執筆担当:渡部真




■サイドミラーから消えた理由

 さて、まずは渋井さんからいただいた宿題について……

 9月29日に渋井さんと二人で訪れた石巻市と女川町。震災以来これまで3万キロメートル弱、僕らを乗せて走り続けているオンボロ愛車のマーチが、砂浜にハマってしまいました。
 渋井さんの文章を再掲します。

 途中、私はこうつぶやきました。

 http://twitter.com/shibutetu/status/119296508616114178

 渡部氏は、北海道にいた学生時代に、車で砂浜にわざとはまり、脱出する練習をしていたそうです。なぜそんな練習をしていたのかと言えば、雪にはまったときに脱出するのと同じだということです。
 雪深い長野県では聞いたことない練習ではありますが、なんとか、その経験を活かすことができました。

 脱出するまで約1時間。渡部氏は体力を失っていました。運転を代わった私は、再び女川町方面に車を走らせました。途中で、4月頃に撮影した桜の木がありました。比較するためにも、この場所を撮影することにしました。桜の木だけでなく、周辺の撮影をしました。渡部氏は「少し休みたい」と言って、車の外で座っていました。相当、疲れたようです。私は車に戻って携帯電話を充電していました。運転席からサイドミラーに渡部氏が疲れた様子で映っています。しばらくして、サイドミラーを見ると、渡部氏の姿が消えていました。

 そのため、私はこうツイートしました。

 http://twitter.com/shibutetu/status/119298640912187392

 いったい、渡部氏はどこに消えたのでしょうか。きっと渡部氏が応えてくれることでしょう(笑)。

 渋井さんが、僕が消えたと気づいたのは15時33分。そんなことは知らずに、僕は車の側の日陰で大の字になって寝ていました。
 約1時間半後、眠りから覚めた僕は15時1分に、こうつぶやいています。

http://twitter.com/craft_box/status/119320867296657408

 この日は晴天でした。こうやって写真を見返すと、たった1か月前ですが、まだ日が高かったのが分かります。渋井さんが紹介してくれたように、僕は大学時代を北海道で過ごしていたんですが、北海道の夏は、ちょうどこの日の陽気のように、日の射すところは暖かく、日の陰ったところに行けば涼しくて気持ちいいのです。そんなことを思い出しながら、十分な休憩を取らせてもらいました。

 そもそも、なぜ具合が悪くなったか。
 砂にハマった車を脱出させるために車の下の砂をかき出したんです。偶然近くにいたお爺さんがスコップを貸してくれて、それでかき出したんですね。で、中年になってすっかり持久力を失ってしまった僕としては、時間をかけてかき出そうと思っていたんです。ところが、僕が休憩すると、そのお爺さんがスコップで砂をかき出し始めちゃう。どう見ても二周りくらい年輩のお爺さんが、一所懸命にやってくれているのに、僕がゆっくり休むわけにもいかない。だから少し休んだらすぐにお爺さんと代って、また僕が砂をかき出す。その繰り返しで1時間、たっぷり運動する羽目に……。
 そして、精根使い果たした僕は、体力回復の為に一寝入りしたという訳です。

 起き上がった道路には、背中とお尻の部分にたっぷりと汗が染み込んでいました。血圧が高くなったのか、汗をかいたようです。今のところ、普段は血圧も正常値ですが、僕は父方も母方も高血圧の家計なので、気をつけなければ……。

P_1029-w01.jpg



■とにかく動け! 現場に行け!

 しかし、その休憩のお陰で、この後の取材は予想以上の収穫でした。
 この日、砂浜でのトラブルや僕の休憩などがなくて順調に取材が進めば、午後の早い時間に「女川町御前浜避難所」に立ち寄り、簡単な挨拶だけして移動する予定でした。自分たちで避難所を作り上げたというこの避難所のことは、『3.11 絆のメッセージ』(東京書店)で紹介していますので、詳しくはそちらをお読みください。

 本来は挨拶だけしたら、この日の宿泊先である福島市に移動する予定だった御前浜避難所は、この日の夕方からボランティアの方達が来て宴会が始まり、ちょうどそのタイミングで伺うことができたために、僕たちも宴会に参加して避難所の皆さんたちと、再び交流を深めることができました。まさに怪我の功名。深夜まで宴やカラオケを楽しみました。

P_1029-w02.jpg


つづきは、有料メルマガ「週刊 石のスープ」のバックナンバーをご購読ください。

メールマガジンの登録申し込みは「まぐまぐ」から
http://www.mag2.com/m/0001339782.html



渡部真 わたべ・まこと
1967年、東京都生まれ。広告制作会社を経て、フリーランス編集者・ライターとなる。下町文化、映画、教育問題など、幅広い分野で取材を続け、編集中心に、執筆、撮影、デザインとプリプレス全般において様々な活動を展開。東日本大震災以降、東北各地で取材活動を続けている。
[Twitter] @craft_box
[ブログ] CRAFT BOX ブログ「節穴の目」



■発行元:「週刊 石のスープ」編集部

■文責:渋井哲也・西村仁美・三宅勝久・渡部真
■編集:渡部真

■サイト: http://weeklysdp.blog.fc2.com/
■メアド: sdp.snmw(あっとまーく)gmail.com
■登録の解除・変更:まぐまぐ: http://www.mag2.com/


 
スポンサーサイト

category: 渡部記事

cm --   tb --   page top

赤木智弘【特別寄稿】「日常の中にある“安心”を奪った地震と津波 〜3.11を振り返って」 



週刊 石のスープ
増刊号[2011年10月16日号/通巻No.7]

今号の執筆担当:赤木智弘




 こんにちは。「週刊 石のスープ」編集担当の渡部真です。
 今号は、フリーライターの赤木智弘さんが寄稿してくれましたので、増刊号としてお届けします。


*  *  *  *  *  *  *


 はじめまして。私はフリーライターをしている赤木智弘と申します。
 今回は、ライターとしての先輩でもある、渋井哲也さんからお誘いをうけて、皆様に文章をお送りする機会を得ることとなりました。今回は「3月11日、東日本大震災の時に何をしていたのか」というお題をいただいています。

 3月11日はいつもどおり、連載のネタを探して、インターネットを眺めていました。私がインターネットを使うときは、左側にツイッタークライアントを常時表示し、右側にインターネットブラウザを表示するというスタイルです。つまり、常にツイッターのタイムラインを目の端で見ているような状態です。

 その日もいつもどおりそうしていると、わずかに揺れを感じました。ツイッターというのは、お互いの感じたことや行動などを、すぐにつぶやいてフォロワーに見てもらえるという、即時性と双方向性がウリのメディアですから、地震というのはツイッター利用者にとって、すごく魅力的な話題なのです。みんなで「地震きたー」などとつぶやくと同時に、タイムラインも一斉に地震の話題で埋まる。一方で全く離れた地
域の人が「地震とかどこの田舎だよ」なんて事をつぶやく。そうして地震という同じ体験をしているという緩やかな仲間意識が、心地よく感じられます。
 この時の私も、当然「地震だー!」などとつぶやきました。それはもちろん、いつものように少しだけグラっと揺れて、すぐにおさまる、いつもの地震を想定してのつぶやきでした。

 ところが、いつもならすぐにおさまるはずの地震が、まったく弱まっていかない、それどころかどんどん揺れがひどくなる。「これはどういうことだ?」と困惑をしながら、さすがに途中で本棚を抑えつつ、立ち上がりました。
 立ち上がってから、しばらく様子を伺っていましたが、さすがに「これはやばい」ということに思い至り、パソコンの前から離れて、玄関のドアを開けました。地震の際にはドアを開けておかないと、家が歪んで出られなくなることがあります。窓などから出られればそれでもいいのですが、私が住んでいるのはアパートの二階なので、ドア以外の出入り口はありません。
 あとアパートの2階といえば、防災の専門家の方の講演を聞いたことがあるのですが、阪神淡路大震災などの大きな震災では、2階建て以上の家が潰れるときには、たいてい1階が潰れることが多いそうです。だから、慌てて1階に降りるよりは、2階に居続けたほうが、家が潰れてしまったときに、怪我はしても、命が助かる可能性は高いということです。

 とはいえ、部屋の中ではいろいろなものが倒れてきそうで怖いので、ひとまず外に出ました。激しい揺れの中、アパートの外階段を踏み外さないように慎重に降りると、近所の方々も数人外に出ていました。私はあまり近所の人と話をするような付き合いをしていないのですが、さすがにこの緊急時ですから「すごい揺れですね」などと、少し言葉を交わしました。地震という自然の猛威の中で、非力な人間は何もすることはできませんが、そうして少し言葉を交わすだけでなんとなく安心するから不思議なものです。


つづきは、有料メルマガ「週刊 石のスープ」のバックナンバーをご購読ください。

メールマガジンの登録申し込みは「まぐまぐ」から
http://www.mag2.com/m/0001339782.html



赤木智弘 あかぎ・ともひろ
1975年、栃木県生まれ。フリーターとして働きながら、執筆活動を続けている。月刊誌「論座」(朝日新聞社)に掲載された論文「『丸山眞男をひっぱたきたい〜31歳、フリーター。希望は、戦争」(2007年1月号)や「けっきょく、『自己責任』ですか?」(同年6月号)が、非正規雇用の若者からあがった貴重な声として、話題を呼んだ。webサイト「深夜のシマネコ」を主宰。
[Twitter] @T_akagi
[ブログ] 深夜のシマネコBlog



■発行元:「週刊 石のスープ」編集部

■文責:渋井哲也・西村仁美・三宅勝久・渡部真・赤木智弘
■編集:渡部真

■サイト: http://weeklysdp.blog.fc2.com/
■メアド: sdp.snmw(あっとまーく)gmail.com
■登録の解除・変更:まぐまぐ: http://www.mag2.com/


 

category: 記事

cm --   tb --   page top

西村仁美【とりあえず行ってみる〜風の向くまま気の赴くままに〜】vol.1「デモの不自由な国から考える」 



週刊 石のスープ
定期号[2011年10月12日号/通巻No.6]

今号の執筆担当:西村仁美




■違法行為もをしていない人が逮捕?

 このところ友人Aが「デモづいて」いる。

 3・11の東日本大震災、その後の福島での原発事故からAは何かをせずにはいられなくなったようだ。
 そんなAから最近こんな話を聞いた。
 きっかけは、先月9月23日の差別と排外主義に反対するデモ(「生きる権利に国境はない! 私たちの仲間に手を出すな! 差別と排外主義にNO! 9・23行動」)で、逮捕者が出た話からだった。
 例えばサウンドデモをしている時、サウンドカーのスピーカー近くに、警察がわざと音を拾う機器を近づけて来る。音を拾ってそれで音量をはかり、何かの条例違反ということで、サウンドデモを潰そうとそういうことをやっている。横断幕を持っているデモ参加者がその音を拾う機器をスピーカーに近づけさせないようにその旗を左右に振って追い払っていた。同じく先月11日、8月のデモで不当逮捕者が出たことに反原発の運動家が警察署前で抗議していたところ、今度はその人が不当逮捕されてしまった。そんな内容だった。「なんだそれ?」と思った。どこかの独裁主義国家の話みたいだ。

 Aの話を聞く限りにおいては、なんの違法行為もしていない人たちが警察にわざわざ罪を作られ逮捕されていた。人権侵害という言葉でも片付けられないほどひどい話じゃないか。それがもし事実なら、一体この国で何が起こっているのだろう、と思った。公衆に向かって思いの丈を訴えたり表現したりする自由が国によって奪われつつある、とするなら、その不自由さはいずれ私やデモに無関心な人たちの身にもリアルに実感できる形で降りかかってくるはずだ。家の中でも外でも自由にものが言えない、歌えない、笑えない国に日本はこのままだとなってしまうのではないだろうか。そういうふうにも考えた。

 それで、まずは実際にデモで逮捕された人たちの生の声を聞いてみることにした。そうした人たちの話をジグゾーパズルのように拾い集めてつなぎ合わせれば、今この国で起きている事態の深刻さや、それを作ってきた者たちの正体に少しでも近づけるのではないだろうか。一体、誰が何のためにこうした事態を招いているのか、を。
 これは不定期で時々、いろいろな現場から、あるいはさまざまな人たちの声を集め、あるいは過去の歴史をひも解き、みなさんに伝えていければいいと思っている。


■警察のやることは意味がわからない

 先月9月11日、「素人の乱」の呼びかけで行われた「9・11新宿、原発やめろデモ!!!!!」は、デモ参加者のうち12名が逮捕されている。そのうち同月14日までに7名が、22日までに残りの5名全員が釈放された。
 13日に釈放された一人、フランス国籍のフランクさん(40歳)と傍にいた妻の小野裕見子さん(34歳)に当時の状況など話を伺った。
 二人は、普段は東京、神奈川を中心に「町の印刷屋さん」として、地域にある店のチラシやポスターなどを作っている。

P_1013-n02.jpg


つづきは、有料メルマガ「週刊 石のスープ」のバックナンバーをご購読ください。

メールマガジンの登録申し込みは「まぐまぐ」から
http://www.mag2.com/m/0001339782.html



西村仁美 にしむら・ひとみ
1968年、東京生まれ。フリーターをしながらアジアを放浪。のち、ルポライター兼フォトグラファーに転身。主に野宿生活者<や少年>に関わる社会問題、を中心に取材。奄美や沖縄、韓国のシャーマンの自然観や世界観、チベットの精神文化などにも関心があり、取材ジャンルの幅を近年さらに広げつつある。
著書に『悔 野宿生活者の死と少年たちの十字架』(現代書館刊)『「ユタ」の黄金言葉』(東邦出版刊)『格安! B級 快適生活術』(共著/ちくま文庫)など。
[Twitter] @ruri_kakesu
[ブログ] おきなわ★ねじ式ラジオ



■発行元:「週刊 石のスープ」編集部

■文責:渋井哲也・西村仁美・三宅勝久・渡部真
■編集:渡部真

■サイト: http://weeklysdp.blog.fc2.com/
■メアド: sdp.snmw(あっとまーく)gmail.com
■登録の解除・変更:まぐまぐ: http://www.mag2.com/


 

category: 西村記事

cm --   tb --   page top

渋井哲也【“一歩前”でも届かない】vol.1「“おっぴさん”ってなあに? ~100日目を超えた震災取材のこぼれ話」 



週刊 石のスープ
定期号[2011年10月6日号/通巻No.5]

今号の執筆担当:渋井哲也




■毎月11日になると……

 3月11日の東日本大震災と翌12日の長野県栄村大震災。現地に入っての取材が、9月で100日を超えました。自分でも「よくそんなに行ったものだ」と思う今日このごろです。
 いろんな人にも「そんなに行っているフリーランスはいない」「フリーランスで一番行っているのは渋井さんです」と言われるようになりました。しかし、「一番行っている」=「一番儲かっている」という構図は成立せず、逆に、経費ばかりがかさんでいるのが現実です。

 どうすれば経費を捻出できるかを考えている今日のこごろです。一つの案としては、カンパを募集するというのもありますが、今のところ、その予定はありません。別の案としては、これまで集めた写真や動画の一部を販売するというものです。実現可能となったら、お知らせいたします。

 さて、9月は震災から半年でした。いわゆる●日目とか、○カ月といった節目には、いろんな人がいろんな思いで現場を訪れています。4月11には岩手県釜石市に行きました。このとき、200人以上が亡くなった鵜住居の防災センターの隣で美容室を営んでいた女性の話を聞きました。
 この女性と初めて会ったのは4月1日。そのときは、近くでそんなに多くの人が亡くなったことを知りませんでした。女性が何かを探している姿を見て、声をかけたのです。
 しかし、ピリピリしており、話ができなかったことを覚えています。その後、改めて11日に釜石を訪れ、この女性に連絡をして、当時の話や美容室の再建について話を聞いたのでした。

 6月は3か月目です。このときは福島県南相馬市に行きました。福島県は、東京電力・福島第一原発の事故で、福島の災害=原発の災害、というイメージが強いことでしょう。しかし、福島県も、青森県や岩手県、宮城県、茨城県、千葉県とともに津波の被害が甚大な県です。3か月の追悼式が南相馬市の神社で行われていました。地域の人が集まってきていましたが。
 その中に、若夫婦がいました。私はこの若夫婦の話を聞きたい。そう思いました。多くのメディアも取材に来ており、同じように若夫婦に近寄って行きました。「誰に話を聞きたいのか?」というのは、みんな考えるのは似ているものです。この時の話は、「Business Media 誠」で連載中の「東日本大震災:被災地を歩く」で書いています。

※参照URL
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1107/02/news007.html


 そして9月の半年目。この日は宮城県女川町や石巻市を回っていました。半年ともなれば、いろんな「スポット」には数々の人が訪れていました。女川町の市街地を一望できる高台の「女川町立病院」には、日本テレビのクルーが来ていました。またボランティアの人たちも数多く来ており、目に焼き付けたり、写真を撮っていました。その中に、ある親子を見つけました。

 男性は石巻市在住の教師で、震災当時は、仕事仲間を心配して、自転車で女川へ来たそうです。その後も何度か女川を訪れているそうですが、半年目ということもあり、「息子にもこの風景を見せたい」と思ったのです。男性の息子さんはまだ小学生の低学年。男性の周辺ではしゃいでいました。子どもなりに何かを感じているようでした。追悼のためにお坊さんが読経を始めると、さきほどまではしゃいでいた息子さんと一緒に、市街地に向かって手を合わせ黙祷をしていました。


つづきは、有料メルマガ「週刊 石のスープ」のバックナンバーをご購読ください。

メールマガジンの登録申し込みは「まぐまぐ」から
http://www.mag2.com/m/0001339782.html



■渋井哲也 web連載
「東日本大震災ルポ・被災地を歩く」

ビジネスメディア「誠」
http://bizmakoto.jp/ 



渋井哲也 しぶい・てつや
1969年、栃木県生まれ。長野日報社記者を経てフリーライター。自殺やメンタルヘルスやネット・コミュニケーション等に関心がある。阪神淡路大震災以来の震災取材。著書に「自殺を防ぐためのいくつかの手がかり」(河出書房新社)など。
[Twitter] @shibutetu
[ブログ] てっちゃんの生きづらさオンライン



■発行元:「週刊 石のスープ」編集部

■文責:渋井哲也・西村仁美・三宅勝久・渡部真
■編集:渡部真

■サイト: http://weeklysdp.blog.fc2.com/
■メアド: sdp.snmw(あっとまーく)gmail.com
■登録の解除・変更:まぐまぐ: http://www.mag2.com/


 

category: 渋井記事

cm --   tb --   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。